2015年F1世界選手権、SimilarWebで勝手にコンストラクターズランキング!

Photo by Nic Redhead / CC BY

今年も3月から始まった2015年Formula One(フォーミュラワン)世界選手権。

全19レース中8レースが終了した時点で、メルセデスが、2位のフェラーリに130ポイント以上の差をつけ今季のタイトルに向けて独走中・・(巻き返せ、フェラーリ!)日本では、ホンダが7年ぶりにF1復帰となり、マクラーレン・ホンダを応援する人も多いのではないでしょうか!

さて、今回は競合分析ツールSimilarWebを使い、公式サイトへのアクセスという視点から、勝手にコンストラクターズランキングをつけてみました。

早速、2015年3月~5月のサイトアクセスTOP9から!

順位 コンストラクター(チーム)  訪問者数
1 フェラーリ(formula1.ferrari.com) 740,000
2 メルセデス(mercedesamgf1.com) 400,000
3 ウィリアムズ(williamsf1.com/) 220,000
4 レッドブル(infiniti-redbullracing.com) 210,000
5 ザウバー(sauberf1team.com) 150,000
6 ロータス(lotusf1team.com) 100,000
7 トロ・ロッソ(scuderiatororosso.com) 85,000
8 フォース・インディア(forceindiaf1.com) 75,000
9 マクラーレン・ホンダ(es.mclaren.com) 55,000

比較として、今季のF1コンストラクターズは6月25日時点でこうなっています。

順位 コンストラクター(チーム)  ポイント
1 メルセデス 328
2 フェラーリ 192
3 ウィリアムズ 129
4 レッドブル 55
5 フォースインディア 31
6 ロータス 29
7 ザウバー 21
8 トロ・ロッソ 19
9 マクラーレン・ホンダ 4

以上の結果となりました!何と言っても、注目すべきは上位2位。サイトアクセスで見ると、世界で最もファンが多いと言われるフェラーリが、昨季・今季ともに”強すぎる”と言われるメルセデスを大きく引き離して1位に!

この上位2位に、日本の国フィルターを付けてみたところ、こちらもフェラーリが上に。やはり、歴史あるF1チームだけあって、近年の不調もものともせず、日本にも根強いファンがいるようですね!(私もその1人です!)

順位 コンストラクター(チーム)  訪問者数(日本)
1 フェラーリ 7,000
2 メルセデス <5,000

最後に、各チームの公式サイトへのアクセスが多い国ランキングをどうぞ。

●フェラーリ公式サイト

順位 国ごとのアクセス 割合
1 アメリカ 17.23%
2 イタリア 15.39%
3 ハンガリー 8.60%
4 イギリス 7.02%
5 ドイツ 4.72%

●メルセデス公式サイト

順位 国ごとのアクセス 割合
1 イギリス 22.84%
2 アメリカ 18.34%
3 ドイツ 12.21%
4 オーストラリア 3.86%
5 カナダ 3.79%

 *

さて、いかがでしたでしょうか?

今季のコンストラクターランキングと、サイトアクセスランキングがほぼ比例する形となりましたが、ファン層のあついフェラーリが例外となりました。全てのチームが日本公式サイトを設置していれば、日本国内の人気のチームはどこか、興味深いランキングがつくれそうですね!

今後も、SimilarWebの色々な使い方をご紹介していきます!

[plugin_buttons]
The following two tabs change content below.

藤井 沙知

CX Consultant株式会社ギャプライズ
外資系コンサルティングファームにて、企業の経営統合(PMI)やERP導入プロジェクトに従事。国際協力NGOでのインターンを経て、2015年5月に株式会社ギャプライズに入社。現在は、マーケティングから分析・コンサルティングまで、幅広い業務に携わる。2011年、ビンガムトン大学政治学部卒。英語・スペイン語・関西弁のトライリンガル

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions