SimilarWebのサイトを「Google Analytics」と「SimilarWebPRO」で比較して精度を検証!

photo by flickr

わたしは日頃より、さまざまな企業様に「SimilarWebPRO(SimilarWebの有料版)」をご提案させて頂いています。
その中で必ずと言って良いほど聞かれる内容が

「SimilarWebPROの精度って正直どれくらいなんですか?」
「WEB上でSimilarWebの数字がおかしいってよく見るんですけど大丈夫なんですか?」

そこで今回は自社サイトであるSimilar-Web.jpのサイトを「SimilarWebPRO」と「Google Analytics」とで比較をして精度を見ていきましょう。

「Similar-Web.jp」で数値を比較する

トレンド比較

まず「Google Analytics」と「SimilarWebPRO」で直近6ヶ月間のアクセス推移を比較してみます。

SimilarWebPro「GA比較,トレンド」

上の画像が「Google Analytics」で、下の画像が「SimilarWebPRO」で表示されたデータですが推移を比べると、トレンドとしてはまったく問題ない精度であることが分かります。

トラフィックソース比較

次にトラフィックソースを「Google Analytics」と「SimilarWebPRO」で比較してみます。

トラフィックソース比較

上記の図だと、少しわかりにくいので、どれぐらい差異があるのかを表にすると以下のようになります。

トラフィックソース比較

表の差異の列をみると、細かい数字にズレがあるのがわかります。

これは「SimilarWebPRO」が「Google Analytics」とデータの取得方法が違う事が要因の一つとして考えられます

例えばディスプレイ広告に関しては「SimilarWebPRO」はまだ、日本国内のネットワークを全てカバーできているわけではないのでそういった部分で数字のズレが生じてしまうのです。

ただ、傾向値としては大きく外れてはいないので、競合のトラフィックソースをざっと確認するには信頼できるといえるのではないでしょうか。

 参照元サイト比較

参照元サイト比較

参照元サイトでも細かい順位は違いますが、上位10ドメインの内6ドメインが「SimilarWebPRO」でも取得できている事が確認できます。

また、「Google Analytics」では参照元にFacebook.comが出てきていますが「SimilarWebPRO」ではFacebookはソーシャルにカテゴライズされるため、ここには出てきません。

つまりFacebookを除くと約70の精度といっていいでしょう。

よりトラフィックの少ないサイトの場合

実はこの「SimilarWebPRO」のサービスサイトは現在さまざまな施策を行い、既存の認知度も手伝ってトラフィックが直近の2ヶ月間で2倍近くまで増えています。

そのため、次は弊社で取り扱っているヒートマップ解析ツールの「ClickTale(クリックテール)」のサービスサイトで比較をしてみましょう。

ClickTaleサービスサイト

こちらのサイトのおおよそのトラフィックは以下のようになっています。

月間セッション数:8,000

月間UU数:6,300

月間PV数:22,000

よくある中規模以下のBtoBサイトと言えるでしょう。

検索キーワード

次の比較は検索キーワードを分析してみましょう。

検索キーワード

SimilarWebをお問合せしてくる方の中でも特に関心の強いこの指標ですが…

ほぼ一致します!!

少し規模の小さなサイトでも、高い精度が見込めると言えそうです。

人気ページ比較

これはSimilarWebの中でも有償版のPRO版にしか付与されてない機能です。

分析できるのは「ページ単位でのアクセスシェア」、つまり「サイトの中でどのページが多く見られているか」がわかります。どういったコンテンツに人気が集まっているのかが一目瞭然です。

人気ページ

「SimilarWebPRO」で見ると3位(全体の12%)に「wiki.ctale.jp」というサブドメインが入ってきますが「Google Analytics」では上位には出てきません。

このサブドメインはClickTaleを使って頂いているユーザーの方が分からない事があった際にマニュアルを見るために公開されているページなのですが、実際にはユーザーの多くは不明な点が出た際にメールか電話でのお問合せをしてきます。そのため弊社の社員が確認することが多く、IP除外をしている「Google Analytics」でページ上位には出てこないのです。

実は「SimilarWebPRO」はIP除外という概念を持っていません。そのため自社内でのアクセスデータも取得しています。

これが、WEB上で「精度がおかしいのではないか?」という書き込みをよく見るのですがその原因の一つだと考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SimilarWebはWEBマーケティングに携わる方ではすでにかなりの認知度があるサービスですが、そのぶんWEB上には様々な憶測が飛び交っています。

「SimilarWebPRO」は全てのサイトで正確なデータが必ずしも出るわけではありません。トラフィックの少ないサイトでは数値がぶれる事もあります。

※そのため多くの導入企業の皆様は相対的に比較をして使用されることの方が多いです。

ただ、「「SimilarWebPRO」」は現状では日本最大のパネル数を誇っています。特性を理解し活用すれば、無駄なコストをかける事もなく広告運用、WEBサイトの改善、競合サイトのベンチマークや新規事業を立ち上げる際の市場調査など、強力な武器になることは間違いありません。

まずは無料のアドオンから試して、自社のWEBマーケティング全体の効率化を図っていきましょう!

[plugin_buttons]

データ精度については以下の記事も参照してください。

精度はどのくらい?GIGAZINEのアクセス解析結果とシミラーウェブの解析結果を比べてみた

競合分析ツール『SimilarWeb』のデータはどの程度信頼できるものなのか?

The following two tabs change content below.

奥原雅也

Sales Manager株式会社ギャプライズ
セールスマネージャーとして国内の各業界にて最大手のクライアントを多数経験(人材、不動産ポータル、保険、総合代理店など)。 SimilarWebPRO提供開始からわずか半年間で100社以上に導入し業界No.1まで押し上げる。SimilarWebPROの販売実績としては世界No.1セールスの記録を保持。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions