【翻訳記事】マルチプラットフォーム戦略は必須!SimilarWebモバイル検索分析

*この記事はSimilarWebのデータを使用しています。文中で取り上げられるデータは統計処理などをおこなった類推データを含みます。また、アプリ分析によるデータはすべてandroidのみのデータであり、iosのデータは含まれておりません。

以下はSimilarWeb公式ブログ”Look no further,Mobile Web Search is here!“の翻訳記事です。また、画像はすべて原文より引用したものです。

モバイルからのインターネットのアクセスが、総アクセスの半数以上にまで増え、Googleによるとモバイルユーザーは一週間のうち7.3時間もの時間をウェブ閲覧に費やしているような状況です。

このことは今日のオンラインビジネスにとって強固なマルチプラットフォーム戦略が不可欠となることを意味します。ウェブサイトをモバイルユーザーにも対応させ、モバイルからの流入を確保することで、消費者の行動に即したビジネスプランを打てるようになります。

あなたの競合のサイトがモバイルからの検索に対しどんな対策を打っているのか、気になりませんか?その不安を解消してみせましょう。

2015年に発表された Mobile Web Referralsについてのリリースで示したよう、SimilarWeb PROはモバイルユーザーの検索流入の分析に自信を持っています。

この機能を使えばSEO・PPC・コンテンツ作成チームがモバイル市場の情報を幅広く取得でき、ユーザーへの効果的な対策を打つことが可能となります

プラットフォームへ最適な投資を行おう

SimilarWeb PROを用いることで、自サイトと競合サイトののモバイル検索をこの上なく簡単に比較できます。

モバイル検索に対して最適な投資をできていますか?

SimilarWeb PROを使いモバイル検索からのトラフィック量を見れば、全体のトラフィックの中でも、検索がどれだけ大きな比率を持っているかご覧頂けます。下記の図は検索からのトラフィック量の大きさを表すよい例です。

モバイルへのSEO対策を最適化する

モバイルからの検索流入は非常に大きな割合を占めています。

SimilarWeb PROを使い検索キーワードの全リストを見ながら、どのキーワードが最もトラフィックを稼いでいるかを確認していきましょう。

GoogleAnalyticsの” Not Provided Keywords”は少しイラッとしますよね?SimilarWebのモバイル検索はGoogleAnalyticsでは知ることができないキーワードを明らかにします。

タイトルやURL、メタディスクリプションを効果的なものにするには、最適なキーワードを選ぶことが重要です。

デスクトップと比べてモバイル端末のスクリーンはかなり小さいので、デザインはシンプルで簡潔なものにする必要があります。

モバイル検索からの流入を最も稼げる検索ワードを突き止め、サイトのタイトルやURL、メタディスクリプションの設定に活用してください。

デスクトップユーザーとモバイルユーザーの検索意図の違いを理解しよう

今日では、買い物客の多くがスマートフォンやタブレットを使って商品を探しています。

Googleによると、モバイル所持者のうち74%がモバイル端末を使って商品を探しており、そのうち93%のユーザーが実際に商品を購入しています。

デスクトップとモバイルでは購買行動にハッキリとした違いがあり、この違いはECサイトへのデバイス毎の検索トラフィックを比較するとより明確になります。

最後に一例として、モバイル検索分析を使ってデスクトップとモバイルからの「apple.com」への直近3か月の検索トラフィックを比較しました。

デスクトップユーザーの場合は、上位20個のキーワードのうち、7個のキーワードがデバイスと関連のあるものでした(デスクトップからの検索全体のうち11%)。

しかし一方で、モバイルユーザーは上位20個のうち14個キーワードがデバイスと関連のあるもの(モバイルからの検索全体のうち25%)で検索しています。

結果として、モバイル端末からサイトを閲覧しているユーザーは、デスクトップから閲覧しているユーザーと比べApple製のデバイス(特にApple製のポータブル機器)について関心が強いことが分かります。

SimilarWeb PROを使えば、このような指標からモバイルユーザーに対し最適な施策導き出すことが可能です。

*モバイル検索分析はベータ段階であり、期間限定ですべてのSimilarWeb PROユーザーにご利用いただけます。

著者:Dan H

The following two tabs change content below.
宇田 萌人

宇田 萌人

2016年6月より株式会社ギャプライズに長期インターン生として入社。専攻は文芸翻訳。ライター業務に興味を持ち勉強中。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions