【翻訳記事】バレンタインのユーザー行動分析からみえる性別ごとの傾向の違い

*この記事はSimilarWebのデータを使用しています。文中で取り上げられるデータは統計処理などをおこなった類推データを含みます。また、アプリ分析によるデータはすべてandroidのみのデータであり、iosのデータは含まれておりません。

以下はSimilarWeb公式ブログ”Valentine’s Day for Him and Her“の翻訳記事です。また、画像はすべて原文より引用したものです。

(※2017年2月投稿記事)

もうすぐ2017年のバレンタインデーがやって来ます。

今年のバレンタインデーの前に、バレンタイン期間のオンライン上の行動について知るために、去年のバレンタインデーに一体なにがあったのかを見てみました。

Valentine’s Day」で検索したときのショッピングサイトトップ10

この手のランキングは、多くの人が予想するようにamazon.cometsy.comの二つの大手サイトから始まります。

その他の8サイトの中には

なども含まれていました。

このように多様な商品のサイトが検索上位に入ることは、季節に関連したキーワードのトラフィックを増やすSEOが、大きく影響していると言えるでしょう。

etsy.comから見る、性別により異なる傾向を示したキーワード

2016年2月、アメリカのショッピングサイトの中でetsy.comは下の二つのキーワードで多くの検索トラフィックを稼ぎました。

  • Valentine’s Gifts for Him
  • Valentine’s Gifts for Her

2月のetsy.comにおいて「Valentine’s Gifts for Her」が29番目、「Valentine’s Gifts for Him」は9番目に人気なキーワードでした。

これ自体は、それほど驚くような事実ではないかもしれませんが、つまり2月中、男性へのプレゼントを検索した人のほうが、女性へのプレゼントを検索した人より多いことがわかります。

しかしながら、これらのキーワードを2016年1月のユーザー行動と比較すると、また違った事実が見えてきます。

バレンタインデーの前月、etsy.com内において同キーワードを調べると「Valentine’s Gifts for Her」が69番目だったのに対して、「Valentine’s Gifts for Him」は 20番目に人気なキーワードだったことが見て取れました。

こちらトラフィック数の増加率で考えると、1月から2月にかけて男性用のプレゼントを調べている人は11%増加したはしたものの、女性用のプレゼントを探している人は114%も増えていることがわかりました。

彼氏のためのロマンティックなプレゼント探しは、最低でもバレンタインデーの一か月前には動き始めていますが、彼女を喜ばせるために動きだすのは女性より一か月程遅いということになります。

(ちなみにヨーロッパなどでは、日本と違いホワイトデーの文化はなく、バレンタインデーにプレゼントを交換し合う文化があります。)

「Valentine’s Gifts for Her」と「Valentine’s Gifts for Him」の検索順位トップ10を比較

この性別によって特徴が異なるキーワードは、いくつかの興味深い結果を導きました。

「Valentine’s Gifts for Her」と「Valentine’s Gifts for Him」のようなプレゼントを渡す相手の性別が違うキーワードの検索結果を比較すると、異なったサイトが上位に出てくることがわかります。

それぞれのキーワードの検索順位トップ10を見てみると、 askmen.comrealsimple.comheavy.comのようなサイトは、どちらのキーワードでも出てくるサイトではありましたが、

それぞれの検索結果で一方の性別のみに偏ったサイトがありました。

「Valentine’s Gifts for Her」を調べる人は、よりmenshealth.comesquire.comを訪れる傾向にあり、一方で「Valentine’s Gifts for Him」を検索する人は cosmopolitan.comvogue.comを閲覧する傾向が強いというデータがでました。

このようにサイトのユーザーのペルソナ情報を把握する上で、SimilarWebProは大きく活用することが出来ます。

様々な業界における2016年のSimilar Webのデータを詳しく知りたい方は、 2016 Highlights Reportをチェックしてみてください。

著者:ダニエル・セビット

Daniel Sevitt

The following two tabs change content below.

宇田 萌人

2016年6月より株式会社ギャプライズに長期インターン生として入社。専攻は文芸翻訳。ライター業務に興味を持ち勉強中。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions