【2016秋~2017春】SimilarWebPROアップグレード内容まとめ

【目次】

競合調査ツール、SimilarWeb。半年前に新機能まとめ記事を投稿しましたが、当時と比べて機能・UI共に更なるアップデートが頻繁に行われてきました。今回は本ブログで以前に取り上げたものから細部の変更点に至るまで、この6か月間でのアップデートを再度ご紹介していきます!

※紹介する機能はSimilarWebPRO有料版(2017年4月現在)のものを含みます。

ウェブサイト分析機能のアップデート内容

流入経路の質を明らかに、Marketing Mix機能実装

流入経路の集客量だけでなく、経路毎のサイトエンゲージメントを把握出来る機能です。

「どの集客経路に投資すれば最も効率的なのか?」

「流入量だけでなく、顧客をより長くサイト滞在させる集客を行っている競合はどこなのか?」

といった社内課題の解決に貢献出来ます。

(参考記事)【新機能】流入経路の『質』を明らかに!Marketing Mix機能のご紹介

【新機能】流入経路の『質』を明らかに!Marketing Mix機能のご紹介
「どの集客経路に投資すれば最も効率的なのか?」 「流入量だけでなく、顧客をより長くサイト滞在させる集客を行っている競合はどこなのか?」...

Year over Year Analysis(昨年比・昨期間比率表示機能)実装

“ウェブサイト利用者>概観”機能内において、設定した分析期間とその昨年同期間比率を表示できるようになりました。これにより、昨年・昨期間との数値比較がより簡易に行えます。

similarweb,yty分析機能

“previous year(昨年比)”の表示例。2017/1-2017/3のデータと、昨年における同期間にあたる2016/1-2016/3のデータが一目で比較出来ています。

similarweb,yty分析機能

“previous period(昨期間比)”の表示例。こちらでは2017/1-2017/3の3カ月間データと、その前3か月間にあたる2016/10-2016/12のデータが把握出来ます。

(無料版利用可)”Website Overview”機能のアップグレード

分析対象サイトの各指標概要を表示する本機能の表示範囲がより一層広がりました。(各指標詳細については以下画像をご参照ください。)

これにより、各指標の上位データ部分のみであればワンクリックでアクセス可能になります。

“Website Overview”機能のPDF形式保存

上記で説明したWebsite Overviewで表示している全指標を、ワンボタンでPDF形式保存出来るようになりました。これにより、概要部分のサイト分析資料を一瞬で作成して工数削減に貢献出来ます。

画面内上部の“Download”をクリックすることでPDF形式保存が可能になります。

“トラフィックソース>検索”機能のアップグレード

対象サイトへの流入キーワードを分析する本機能のUIが大きく変更されました。(各指標詳細については以下画像をご参照ください。)

これにより、SEO施策や広告施策向けの詳細なデータが取得可能になりました。

“Overview”タブでは検索流入全体の概要データを表示します。

“Keywords”タブでは流入上位キーワードとその割合を表示します。

また、キーワード毎の深い分析も簡易に行える様になりました。

“Ads”タブでは対象サイトのリスティング広告出稿文とそれぞれに紐づく入力キーワードを表示します。

“Phrases”タブでは検索流入全体で頻出しているキーワードフレーズを表示します。

トラフィックソース>検索キーワードデータの絞り込み

キーワードを各条件に絞って表示させることが可能になりました。

これにより、「最近流行りのキーワード」や「検索流入ユーザーの多くが持つ悩み・質問」等を把握し、キーワード選定にかける時間をさらに削減させることが出来ます。

エクスポートしたデータ内でグループアクセスシェア推移を把握

他サイトとの比較分析時、ASP上では各リファラル・キーワード毎にシェア率(グループアクセスシェア)を確認出来ます。(下図点線内部)

これらのデータをエクセル形式でエクスポートしたファイル内で、各リファラル・キーワードの月ごとのアクセスシェア推移が把握出来るシートが追加されました。

これにより、競合内において各サイト・キーワードに対する注力度合の推移を月ごとに追うことが可能になりました。

similarweb,share over time機能

”トラフィックソース>リファラル”内での3サイト比較画面。ここでは過去3か月を通しての平均値のみがグループアクセスシェアとしで表示されていますが点線部アイコンをクリックしてエクスポートをすると…

similarweb,share over time機能

エクスポートファイル内の“Share Over Time”シート内で設定期間を通しての各月のシェア率をリファラルサイト毎に確認可能に。

(無料版利用可)Saved Analysis(お気に入り機能)の改善

ウェブサイト分析時、気になるものや、後でまた確認したい指標がある場合、各指標内に設置されている☆マークからお気に入り登録をすることが出来ます(下図参照)。対象サイト(比較設定含む)・設定期間・国籍フィルタ等詳細な条件設定が全て保存されます。

このお気に入り登録対象に、新たに業界分析・キーワード分析の設定が追加されました。

これにより、頻繁にチェックする分析設定をワンクリックで呼び出して簡易な定点観測が可能になります。

similarweb,saved analysis機能

各指標内に設置してある☆マークをクリックするとお気に入り登録が可能です。

similarweb,saved analysis機能

登録した設定は画面右上部メニュー内の☆マークをクリックすることで呼び出し可能です。

(無料版利用可)Recent Analysis(最近見た分析機能)の実装

「前回閲覧していたサイト分析をもう一度見たい…」、「以前調べた分析条件が思い出せない…」という時にわざわざ設定し直さずにこの履歴表示機能を使えば一瞬で前回と同じ条件を呼び戻すことが出来ます。

similarweb,recent analysis機能

右上部メニュー内の時計マークをクリックすることで直近の分析履歴を表示します。

カスタムダッシュボード機能のアップグレード内容

ダッシュボードに追加できる指標の追加

ウェブサイト分析上の指標追加に加え、業界分析・キーワード分析・アプリ分析の指標もダッシュボード上に追加出来るようになりました。(詳細は以下記事をご参照ください。)

(参考記事)【新機能】分析時間を大幅短縮!カスタムダッシュボード機能のご紹介

【新機能】分析時間を大幅短縮!カスタムダッシュボード機能のご紹介
「分析を行う時間が足りない...」 「社内に分析に長けた人材が少ないから何をすればよいのか分からない...」 競合並びに市場の調査に...

ウェブサイト分析画面からのダッシュボード追加が可能に

ウェブサイト分析で現在閲覧しているサイト・期間・指標をそのまま任意のダッシュボードへ追加することが出来るようになりました。各指標右上部の[+]ボタンをクリックすることで普段の分析時に気になった分析設定を手間をかけずに簡易にダッシュボード追加可能です。

①ウェブサイト分析内の各指標の右上部[+]ボタンを選択
②追加したいダッシュボード(又は新規に作成)を選択

設定指標のサイズ変更が可能に

similarweb,カスタムダッシュボード新機能

サイズを自由に設定することでダッシュボードをよりコンパクトに、そして見せやすく纏めることが可能になりました。

リスト形式指標の表示数を上位15件まで拡張

similarweb,カスタムダッシュボード新機能

形式指標が“List”のものについては配置後”Show More”ボタンを押すことで表示件数を5⇒15件まで拡張して表示が可能に。
簡易な分析画面においても一歩踏み込んだデータが取得可能になりました。

各表示指標名の編集が可能に

similarweb,カスタムダッシュボード新機能

鉛筆マークをクリックすることで各指標名をお好みで変更可能に。(日本語設定も可)より伝わりやすいダッシュボード作成が可能になりました。PDF化したファイル内でも設定は反映されます。

カスタムダッシュボードのPDFダウンロード機能

カスタムダッシュボード機能において、ASP上での把握だけでなくPDF形式によるデータダウンロードが可能になりました。

これにより、顧客訪問時や社内共有を始めとしたデータ共有の需要に素早く対応が出来るようになります。

similarweb,ダッシュボードのPDFダウンロード

右上部“Download”ボタンからPDF化が可能になります。

業界分析機能のアップデート内容

業界分析>Top Websitesデータのデバイス別切替が可能に

各カテゴリ業界内における直近1か月間の流入上位サイトを表示する業界分析機能内のTop Websitesにおいて、デスクトップ/モバイルそれぞれのデータを切り替えて表示が可能に。これにより各業界の全体的な傾向だけでなくモバイル流入のみに絞った傾向分析が出来る様になりました。

similarweb,topwebsite機能改善

業界分析>Top Websites内の右上部“All Traffic/Desktop/Mobile”タブから切替可能です。

(無料版利用可)業界分析>Top Websitesの無料お試し版公開

www.similarweb.com/top-websites/japanにおいて、前述した業界分析機能の一部の無料公開ページが利用出来るようになりました。60ヵ国以上の国籍別にフィルタリング可能な250以上の各業界カテゴリ内での流入上位50サイトが把握出来ます。

similarweb,freetopwebsites

日本国内での全業界サイトにおけるランキングデータ。こちらのページでは流入数順位と前月変動値のみが把握可能ですが有償版では上位100サイトそれぞれの流入割合やサイトエンゲージメントをも丸裸にします。

業界分析>Overviewにおけるモバイル流入データ表示

指定した業界内全体への流入数やサイトエンゲージメント、その他各指標の概要部分を表示する画面でデスクトップ/モバイルそれぞれの流入データを分けて取得出来るようになりました。(これまではデスクトップ+モバイルの総流入数データのみ)

これにより、各サイトに占めるモバイル流入ユーザーのみの分析データを把握出来ます。特にモバイル流入がサイト流入全体の過半数をもつサイトにおいては必須となる機能と言えるでしょう。

similarweb,業界分析モバイル表示

業界分析>Overview画面の右上部”All Traffic/Desktop/Mobile”タブから切替可能です。

分析機能>Category Share機能の実装

分析機能内において、任意サイトの期間内を通しての流入数推移をグラフ表示できる機能が実装されました。

これにより、特定のイベントやニュースがあった際の関連サイト内における流入数の動向が掴めます。

similarweb,category share機能

こちらはSimilarWebと関連サイトのカテゴリシェア。PokemonGOがリリースされた時期にはSimilarWeb公式サイト(赤グラフ部分)における流入数の急激な増加が確認できました。

similarweb,category share

上部グラフで表示するサイトは下部サイトリスト横のチェックボックスを選択することで組み換え可能です。

業界分析機能で18か月前までの過去データが閲覧可能に

“業界分析機能>Industry Index”内の全機能において過去18か月前までのデータ閲覧が可能になりました。

これにより、業界内のトレンドや上位トラフィックソースデータを去年のものと比較することが出来ます。

similarweb,18months

“業界分析>Industry Index>Overview”を過去18か月まで遡って表示させている例。”Custom Range”を使えば過去18か月間の中での任意期間を指定することも出来ます。

アプリ分析機能のアップデート

Androidインストール数データの表示

Google Playストア内において指定した期間内のアプリインストール数を把握出来るようになりました。

これにより、インストール率だけでなく凡その実数値インストールデータが確認出来ます。

similarweb,アプリインストール数分析

“アプリ分析>App Engagement>Overview”から確認可能です。

アプリ分析内でのデモグラフィック情報取得

アプリ分析機能においてアプリユーザーの性別・年代を始めとした属性情報の取得が可能になりました。

これにより、自社・競合アプリのユーザー層や他に潜在性の高いアプリの特定が出来ます。

similarweb,app audience機能

“アプリ分析>App Audience>App Demographics”では性別・年齢層データを把握可能です。

similarweb,app audience機能

“アプリ分析>App Audience>App Interests”では分析対象アプリユーザーが他に利用しているアプリデータが取得可能です。

アプリ順位遷移データを過去2年まで遡って取得可能に

全世界における順位成績データの閲覧

“# of countries reached Rank〇〇(国内ランキングで〇〇位以内を達成した国の数)”

“各国における直近の関連カテゴリ内順位”

これら2種類のデータ取得により、アプリのグローバルな人気並びに需要の高い国籍の特定が容易に行える様になりました。

similarweb,アプリストアランキング遷移

某アプリの順位データ。Games/Adventureカテゴリにおいては先月時点で17ヵ国、ピーク時においては85ヵ国においてカテゴリ内1位を取得している人気アプリであることが伺えます。

アプリ順位データの比較分析

上で紹介した順位データを上限5アプリまで比較しての分析も可能になりました。

ベンチマーク先のアプリとの順位比較をしてみることで自社アプリがまだ力を入れられていない・または競合アプリが幅を利かせている潜在マーケットの特定に役立ちます。

similarweb,アプリ順位比較

あるアプリを他の競合アプリの”Games/Adventure”カテゴリ内における国別順位データと比較した図。ほぼ全ての国において左側のアプリが圧倒していることが読み取れる。

キーワード群に対して横断的な分析を、キーワードグループ機能実装

キーワードごとに流入数を生んでいるサイトの分析を行うことが出来るキーワード分析機能。今まで単独キーワードのみの分析にとどまっていた本機能において、「設定した複数のキーワード全体で最も流入を得ているサイト」が把握出来るようになりました。

これにより、自社ブランド製品・サービスがより多く取り上げられているサイトの把握や注力したい商品・サービスジャンルにおける競合状況の把握が行えます。

simlarweb,キーワードグループ機能の説明

ランニングウェアやシューズ、栄養ドリンクといったランニングに関わる商品名を含んだ”Running”グループの流入結果。 各製品分野のECサイトが上位に入っています。
それぞれの製品分野のブランド名等を含んだグループを作ることでより細かい分析も可能です。

(参考記事)【新機能】ジャンルごとに横断的な分析を!キーワードグループ機能のご紹介

【新機能】ジャンルごとに横断的な分析を!キーワードグループ機能のご紹介
「オンライン上で自社ブランドに最も影響を与えているサイトは?」 「自社サービスのプロモーションをするのに適切なサイトはどこなのか?」 ...

その他のアップデート内容

(無料版利用可)ユニバーサル検索(関連結果表示)の導入

SimilarWeb全体において、検索窓にサイト名・キーワードを入力すると関連サイトやアプリ、キーワード、業界等が自動でピックアップされるようになりました。これによりサイトやアプリの見落とし減少や今まで気付いていなかったサイト等の把握が可能になります。

similarweb,ユニバーサルサーチ機能

“travel”と入力すると関連サイトだけでなくアプリ・キーワード・業界も同様にリストアップされます。

APIエンドポイントの追加

大量の対象サイトの分析データを一挙取得出来るAPI機能において、以下のエンドポイント(対応指標)が新たに追加されました。

  1. 人気ページ(デスクトップ)
  2. 人気フォルダ(デスクトップ)
  3. サブドメイン(デスクトップ)
  4. 人気ページ(モバイル)
  5. 人気フォルダ(モバイル)
  6. サブドメイン(モバイル)
  7. キーワード分析(有料検索流入サイト)
  8. キーワード分析(自然検索流入サイト)
  9. ディスプレイ広告出稿先サイト

(無料版利用可)SimilarWeb拡張機能(アドオン)のアップデート

気になるサイトの流入概要データを素早くチェックしたい、そんな時に便利なSimilarWebアドオン(Google,Firefox対応)がアップデートされました。

従来閲覧出来なかった大規模サイトの表示対応や各種不具合修正、UI改善が入ったことでより扱いやすいものへと進化しています。

アドオンご利用はこちらから

Similarweb,アドオンのアップデート


いかがでしたでしょうか?前回のアップデートまとめから半年の間に、SimilarWebはここまで多種多様なアップデートを積み重ねてきました。今回ご紹介した機能も活かすことで、無料/有料版ユーザーに関わらず、従来の使い方のみに捉われない幅広い分析をしていきましょう!

今回ご紹介した新機能に関するご質問、SimilarWeb各機能へのご不明点等は以下までお気軽にお問合せください!

similarweb.support@gaprise.com

今後も新機能のリリース情報やデジタルマーケティングに役立つニュースをお届けしていきます。次回の更新をお楽しみに!

The following two tabs change content below.
市原 佑樹

市原 佑樹

大学卒業後カナダ・バンクーバーでの留学を経て2016年ギャプライズに入社。SimilarWeb営業を経験した後現在はカスタマーサクセスチームに所属。 顧客対応に加えSimilarWeb本社とのサポート対応も兼任。 日本のサブカル文化が何よりの生きがい。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions