Google Analyticsとの違いは?SimilarWebPROを利用するのに押さえておきたい10の特徴

similar_b728x90

1

私たちがSimilarWebを扱う中で、ユーザーの皆さんによく聞かれる質問トップ10のひとつが「Google AnalyticsとSimilrWebPROはどんな違いがあるの?」というものです。

SimilarWebは競合分析ツールと言っていますが、解析ツールの一つとしてはGoogle Analyticsと一緒なのでその違いがわかりづらいのでしょう。

そこで、今回はこの質問に対しての答えについて説明していきたいと思います。

と、その前にまず大前提として、データの計測方法が全く異なるツールということは
ご理解ください。そのためGAの訪問数などの実数値とSimilarWebと比較すると
大きく異なることもあります。実数値ではなくトレンドやシェアなどを比較する、
ツールの特性を理解したうえでデータを見ていただくとより効果的だと思います。

では、本題です。

デザインの違い

1.シンプルで直観的なインターフェース

SimilarWebを使っていて、すぐに気づく違いがそのインターフェースでしょう。SimilarWebPROは独自のプラットフォームの情報から現在の状況をシンプルに表示します。数回クリックするだけで、スクリーンの情報の読み取りやすさを感じることができるでしょう。

対してGoogle Analyticsは深い分析が可能な反面、項目が複雑で多様なグラフや図、及び専門用語が多く、習熟して使うのに時間がかかってしまうというデメリットがあるようです。

similarweb.com audience

データの違い

2.間違ったコードやcookieに影響されない

SimilarWebPROは直接流入やメール、リファラー、検索、ソーシャル、ディスプレー広告の異なるチャネルからのトラフィックを測定します。トラフィックチャネルを理解することはマーケティング施策を構築するのに大変重要です。ただ、Google Analyticsではもしトラッキングコードを間違えてしまうと、トラフィックが直接のものとして間違ったカウントをされてしまうことがあります。もし、それがリファラーとの間違いであれば、大事なリンク元との関係を知る機会を逃してしまうことがあるでしょう

Google Analyticsではユーザートラックのために「cookie」を利用しています。実際、この方法のほうがスムーズにユーザーのデータを取ることができます。しかし、様々なデバイスを使用しているユーザーはユニークユーザーとしてカウントされてしまい、そこから得られたデータが結果的に信頼できないものになる可能性もあるのです。もし、サイトへの訪問者がcookieをブロックしていたら、そのデータを集めることもできません。

公式 SimilarWebPRO(シミラーウェブ)日本語サイト|競合サイトWebサイト解析ツール

その点、SimilarWebPROは クローラーとシミラーウェブグループの提供するプラグインのデータソースから収集したデータを、独自のアルゴリズムによって活用可能な形に変換しています。

毎週数10テラバイトのデータ、毎日10億個以上のデータを分析する高性能サーバーから成るデータセンターでこのビッグデータを扱います。そこで管理、集計するそのデータは非常に正確で、信頼性の高いインサイトを作り出すことを可能にしているのです。

機能の違い

Google Analyticsは直接Webサイトの測定をするにはかなり正確なデータを取ることができ、マーケティングツールとして代表的なものとなっています。しかし正確で・深いデータを取ることが出来る反面、自分の持つWebサイトの状況しか分析ができず、狭い範囲での分析にとどまってしまいます。一方、SimilarWebPROならGoogle Analyticsがカバーできない広範な情報とインサイトを得ることができるのです。以下からは、そんなGoogle Analyticsとは異なったSimilarWebPROの機能面について紹介していきます。

3.自分のWebサイトがどのくらいのランクに位置しているかを知る!

自分のサイトのトラフィックが世界の中で、自国の中で、業界の中でどれだけのレベルなのかを知ることが出来ます。これにより客観的な立ち位置を把握することができるでしょう。

amazon.com audience

4.自分のWebサイトと、その他のサイトとの比較ができる!

競合となるその他のサイトのURLを追加することで、簡単にトラフィック情報をはじめその他の情報を比較することができます。

amazon.com audience

5.あなたのサイトのユーザーが興味を持っているサイトを知る!

あなたのサイトのユーザーが「どんなトピックに関心があるのか」、または「自分のサイト以外にはどんなWebサイトを訪問しているのか」を知ることができます。これにより、ユーザーの興味・関心を知る大きな一助となるでしょう。

amazon.com audience

6.直感的にマーケティング・チャネルを知ることができる!

カラフルなデザインで、直感的にマーケティングチャネルのシェアの割合を見ることができます。Google Analyticsに比べて圧倒的に見やすいのがわかるでしょう。

amazon.com audience4

7.「not provided」まで含んだオーガニック検索ワードまで表示!

SimilarWebPROは見たいサイトのオーガニックキーワード全てを表示することができます。Google Analytics上では「not provided」でキーワードを十分に知ることができないことを考えると、この機能は非常に重要だと言えます。

amazon.com traffic

8.離脱後に、ユーザーが訪問したサイトを表示!

Google Analyticsでは流入元となるサイトを表示することが可能でしたが、サイトからどこに流出しているかまでは知ることが出来ませんでした。しかし、SimilarWebPROではサイトから離脱後「どのサイトへユーザーが訪れているか」までを表示することができます。

amazon.com destination

9.サブドメインのアクセスシェアも簡単に閲覧!

サイトの中で「サブドメインがどれだけのシェアの割合なのか」を一目で見ることができます。

amazon.com content

10.自分のWebサイトと似たサイトや、同じようなキーワードから流入している競合を発見できる!

SimilarWebのアリゴリズムを利用すると、自分のWebサイトと類似しているサイトを表示することや、同じキーワードでどのサイトと競合となっているかを確認することができます。この機能は、Google Analyticsにはない機能と言えるでしょう。

amazon.com competitors

まとめ

今回、Google Analyticsと比べて、SimilarWebPROがどういった特徴を持っているかを見ていただきました。ただ、この2つのツールは両方をうまく利用することで最大の成果をもたらしてくれるものと考えています。Google Analyticsでは自分の持つサイトの詳細で深い分析を、そしてSimilarWebPROでは他のサイト状況も含めた広い視野での分析を可能とします。この2つを掛け合わせることで、マーケティングのROIを向上させる戦略の意思決定において、あなたの大きな助けとなることでしょう。

※この記事は以下の記事を翻訳・加筆修正加えたものです。

『SimilarWeb Vs Google Analytics|SimilarWeb Blog』

★Similarwebが気になった方へ、お問合せはこちら!!

1 (1) 1 (2)

The following two tabs change content below.

SimilarWeb 編集部

競合分析ツール「SimilarWeb(シミラーウェブ)」を使った競合サイトの分析方法や、話題のサイトなどのマーケティング分析結果、デジタルマーケティングについての役立つ情報を発信しています!

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions