【都市銀行市場調査:日本編】 2つのデータから見る市場解析レポート

銀行。

明治六年、渋沢栄一によって日本初の銀行である「第一国立銀行」が設立されました。

以降、さまざまな銀行が新設・拡大・合併などを繰り返しながら業界は発展し、銀行は人々の生活とは切り離せないものになりました。

そんな銀行業界も、時代とともに姿を変革させるフェーズに直面しています。

銀行も「変わらなければいけない」

法改定と共に、銀行の事業は多角化が進んでいます。

都市銀行市場調査:日本編_日本における都市銀行業界は事業の多角化が進む

今後も、金融業は社会と経済を支える重要な産業であり続けるでしょう。ただし、金融業を担う顔ぶれは変わりつつあります。

かつて「護送船団方式」と呼ばれ、旧大蔵省の保護と監督のもとで既存の銀行は秩序だった業界構造のもとで棲み分けし、安定した収益を上げてきました。

しかし、1990年代後半からの金融ビッグバンで業際の垣根は崩れ、十数行あった都市銀行はいまやメガバンク3行とりそな銀行に集約されています。地方銀行をはじめとした地域金融機関の合併や持ち株会社化も進みつつあります。

さらにそこに、IT系や流通系など他の業界から新しい金融サービスを提供する新規参入者が登場しています。フィンテックもそうした新規参入組にほかなりません。

既存の金融機関に加え、新しい金融サービスの担い手が増えるなかで、日本の金融業は社会的なインフラとして、これまでにない新しいサービスや従来とは異なるビジネスモデルをどう構築するかが問われているといっていいでしょう。

引用:幻冬舎ゴールドオンライン

変革が急務な銀行業界にとって、今後、「デジタル」の要素は取り入れざるをえない状況を迎えています。

都市銀行市場調査:日本編_デジタルトランスフォーメーション

米国に学ぶ「金融×テクノロジー」

有価証券報告書等のオフラインデータと、SimilarWebを用いたオンラインデータを掛け合わせることによって、業界をより詳しく分析します。

SimilarWebとは?

URLさえ分かればあらゆるデジタル上の情報が収集可能なマーケット・インテリジェンス・プラットフォーム SimilarWeb。
世界190カ国以上のデータを常時収集し、独自のラーニングセットを用いてデータ精度を高め、市場のインサイトを提供しています。
本レポートでは日本とアメリカの銀行業界をSimilarWebを活用し、業界を俯瞰的に解析。

都市銀行市場調査:日本編_都市銀行業界:前提

当ホワイトペーパーでは、以下について調査しています。

•銀行事業多角化の背景
•国内資金需要のトレンド
•銀行の海外市場への進出の原因と必要性
•両国のサイト訪問者数・滞在時間・PV数・直帰率のトレンド及び比較
•アメリカで市場を占拠しているサイト
また、SimilarWebを利用によって、以下についてのデータを得ることも可能です。
•日本ではどのサイトが市場を占拠しているのか?
•各サイトでどのようなコンテンツが見られているのか?
•ユーザーインサイトは何か?
•どのようなキーワードで流入しているのか?

調査内容詳細は、下記レポートダウンロードフォームからお問い合わせくださいませ。

▼レポートダウンロードフォームはこちら

The following two tabs change content below.

SimilarWeb 編集部

競合分析ツール「SimilarWeb(シミラーウェブ)」を使った競合サイトの分析方法や、話題のサイトなどのマーケティング分析結果、デジタルマーケティングについての役立つ情報を発信しています!

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions