海外個人旅行!SimilarWebで渡航先トレンドを分析してみた

Photo by Shankar s. / CC BY

バックパックを背負って、海外ひとり旅。はたまた、親友とのふたり旅。

そんな自由な形の海外個人旅行を選ぶ人が、特に若者の間で近年増えてきましたね。

今回は、そんな海外個人旅行(自由旅行)の渡航先トレンドを、個人×海外旅行のNo.1ガイドブック「地球の歩き方」のサイトアクセスを解析し調べてみました。

早速、「地球の歩き方」公式サイト(http://www.arukikata.co.jp/)の検索キーワードTOP20を、過去2年に振り返って見てみます!

◼︎直近1ヶ月(2015年5月13日〜6月9日)

順位 検索語 アクセスシェア
1 地球の歩き方 6.214214869%
2 トランジット 0.801883880%
3 マニラ 0.669150455%
4 クバルスピアン 入場料 0.561222962%
5 海外旅行 持ち物 0.561222962%
6 地球の歩き方 ボストン 0.561222962%
7 表参道 外国人 0.499233113%
8 台湾 通貨 0.453295469%
9 サンフランシスコ 観光 0.453295469%
10 香港 ビザ 0.453295469%
11 シンガポール 気候 0.453295469%
12 サンバルシュリンプ 0.446238400%
13 グアム 天気 0.372290983%
14 地球の歩き方ストア 0.370173910%
15 東大路丸太町 0.345367977%
16 ギリシャ 観光 0.345367977%
17 台湾 気候 0.345367977%
18 シリコンバレー 0.345367977%
19 レガシーキャリア 0.345367977%
20 台湾 観光 0.345367977%

◼︎2014年6月1日〜6月30日

順位 検索語 アクセスシェア
1 地球の歩き方 11.504234628%
2 グアム 天気 1.619431591%
3 日本の歩き方 1.164048997%
4 地球の歩き方t&e 0.827834420%
5 香港 観光 0.701859617%
6 台湾 通貨 0.647870415%
7 台湾 観光 0.647870415%
8 マニラ 観光 0.574418133%
9 旅スケ 0.562496886%
10 サンフランシスコ 0.557888413%
11 国内旅行 おすすめ 0.557888413%
12 ブラジル 気候 0.557888413%
13 台湾 通過 0.557888413%
14 ニューヨーク 観光 0.485658365%
15 ウズベキスタン 0.483889603%
16 ホーチミン 0.467906411%
17 ネパール 0.467906411%
18 クアラルンプール 0.467906411%
19 台湾 気温 0.467906411%
20 マニラ 0.467906411%

◼︎2013年6月1日〜6月30日

順位 検索語 アクセスシェア
1 地球の歩き方t&e 4.463189179%
2 地球の歩き方 2.719896193%
3 ローマ 映画 ロケ地 2.210813830%
4 台北 観光 1.876308351%
5 ベトナム旅行 1.429568268%
6 トルコ 1.036839658%
7 タイ ビザ 1.036839658%
8 国内旅行 ランキング 0.982828184%
9 グアム 天気 0.982828184%
10 ニュージーランド 0.947491641%
11 グアム 観光 0.694003374%
12 ガイランゲルフィヨルド 地図 0.631661094%
13 イタリア 天気 週間予報 0.536088100%
14 ロサンゼルス空港 サクラメント乗り継ぎ 0.536088100%
15 夏休み家族旅行 ランキング 0.536088100%
16 バンコク 観光 0.536088100%
17 グアム 観光 おすすめ 0.536088100%
18 国内旅行 人気 ランキング 0.536088100%
19 カンボジア 体育 インターン 0.357392067%
20 旅行 おすすめ 0.247263290%

結果は、以上の通りでした!

2013年は、アジアの国・町が5つ、ヨーロッパの国・町は4つ、グアムは3つもランクイン。アジア諸国の人気は上がりつつも、やはりヨーロッパや近場のグアムの人気が強いようです。

ところが、2014年になると、アジアの国・町はTOP20の内11つもランクイン!

逆に、ヨーロッパの国・町は1つもランクインしない結果に。グアムは1つもランクインせず。新たな地域としては、ブラジルが含まれていました。これは、W杯開催地となっていたためでしょう。

そして、2015年春のトレンドにも、アジアの国・町に関わるキーワードが8つと多く含まれていました!4位には、カンボジアの遺跡の名前がピンポイントで検索されていたり、12位にはバリ島のレストラン名が入っており、以前よりアジアが短かになっているように思われます。

対照的に、ヨーロッパの国・町は、ギリシャの1つだけでした。また、サンフランシスコは2014年に続きランクイン。シリコンバレーというキーワードも含まれていることから、近年の若い世代の興味も伺えます。

 *

いかがでしたでしょうか?

やはり、海外旅行の渡航先トレンドとして、近年アジアの人気が高まってきているようです。検索キーワードからも、アジア旅行がより短に、その興味がより具体的になってきていることが見えてきました。

今回は、SimilarWebPROを使い、過去2年間のデータを比較することにより、海外個人旅行の渡航先のトレンドを探ってみました。おもしろい結果となりましたね。

これからも、SimilarWebPROの様々な使い方、ご紹介していきます。

The following two tabs change content below.

藤井 沙知

CX Consultant株式会社ギャプライズ
外資系コンサルティングファームにて、企業の経営統合(PMI)やERP導入プロジェクトに従事。国際協力NGOでのインターンを経て、2015年5月に株式会社ギャプライズに入社。現在は、マーケティングから分析・コンサルティングまで、幅広い業務に携わる。2011年、ビンガムトン大学政治学部卒。英語・スペイン語・関西弁のトライリンガル

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions