パンダアップデート4.2は、Wikipediaにペナルティを与えたのか?

Googleが新しいパンダアップデート(パンダアップデート4.2)を行っていたと報じられ、一週間ほどが経ちましたが、このアップデートの影響はどのくらいあったのでしょうか?

私たちSimilarWeb社の調査では、パンダの影響を受けているサイトが見つかっています。例えば、個人情報検索エンジンのzabasearch.comのアクセス推移を見てみると、パンダアップデートの日からトラフィックが上昇しています。

zabasearch-traffic2-min

また、SEOや検索エンジンの情報を発信しているメディアである「SEACH ENGINE JOUNAL(seroundtable.com)」はパンダアップデートを境にトラフィックの上昇がストップしています。

seroundtable-traffic-min

このように、SimilarWeb社ではパンダアップデート4.2の影響を受けているサイトを調査していました。

その過程で、私たちはGoogleのアップデートがある世界的に巨大なサイトにも影響を与えたのではないかという事実を発見をしたのです。

Wikipediaからのトラフィックが減少!なぜ?

ことの発端は、私たちが持つSimilarWebのサイトのアクセス分析をしていたときです。サイトへの流入先(リファラー)の1つであったWikipediaからのトラフィックが4月から7月にかけて徐々に減少していることがわかったのです。実に40%ものトラフィックが減っていました。

wikipedia-google-analytics-min

Wikipediaの2億5千を超えるトラフィックが減少

これは何が原因なのでしょうか?SimilarWebのサイトに何が影響したのでしょうか?

Wikipediaのトラフィックを調査したところ、その秘密がわかりました。なんと、Wikipediaがここ3ヶ月で大きくトラフィックを減少させているのです。

wikipedia-organic-search-min

このグラフを見ると、あまり減少していないように思われますが、Wikipediaは元々のトラフィックが月間25億を超える巨大なサイトです。そのため、このグラフのようにWikipedia全体から見ると小さな割合の減少であっても、デスクトップにおけるWikipediaのトラフィック減少値は2億5千以上にものぼります

GoogleはWikipediaよりもブランドサイトを優先させた?

search-traffic-to-wikipedia-min

表の右側の赤い数字は、3月のトラフィックと比べたときのトラフィックの変化の割合を指しています。これを見ると、FacebookやGoogleのようなブランド名の検索結果からのトラフィックが減少しているのがわかります。

この影響によって、SimilarWebのサイトへのWikipediaからの流入が減ったのでしょう。実際、私たちのWikipediaページはこの記事を執筆している現在、「SimilarWeb」からの検索結果が2位から4位に下がっていました。つまり、Googleはブランド名のWikipediaページよりも、ブランドそのものを示すサイト(公式サイト)を優先していると推測できます。

最後に、Wikipediaからの流出先サイトのトラフィック順位を見てみましょう。

wikipedia-outgoing-links-min

これを見ると、youtubeへの流出トラフィックが約32%も減少しており、facebookへは約9%、twitterへは約6%も減っているのがわかるでしょう。

Wikpediaの未来は明るくない?

なぜWikipediaはこれほどまでにトラフィックを減らしてしまったのでしょうか?Googleは詳しいアップデートの内容を公開しないため、これがパンダアップデート4.2の影響だったのか、その真相はわかりません。ただ、実際にWikpediaがトラフィックを減らしているのは事実です。

Wikipediaはこれまで、数々のブランド(企業)サイトにとってSEOを行うにあたり、大きな競合として君臨してきました。そのため、今回のWikipediaのトラフィックの減少は、SEO施策を行う人たちにとって朗報なのではないでしょうか。今までWikipediaに取られていたトラフィックが直接ブランドサイトに流れてくるからです。ただし、Wikipedia経由のトラフィックに頼っていたウェブサイトにとっては逆にダメージになることも意味します。

以前このブログでは、「なぜマーケティング担当者はWikipediaへ投資をすべきなのか?」という記事で、Wikpediaからブランドサイトへ多くのトラフィックが流れていると述べました。しかし、もし現在のようにWikipediaの検索順位が下がり、トラフィックが減っていくトレンドが続くとすれば、デジタルマーケターにとってWikipediaにかけていた投資を他の選択肢に変えなければいけないでしょう。

世界最大のフリーの百科事典がこれからどのような行く末を歩むのか、これからもSimilarWeb社では引き続き調査をしていきたいと思います。

※本記事は以下の記事を元に作成されました

[plugin_buttons]
The following two tabs change content below.

SimilarWeb 編集部

競合分析ツール「SimilarWeb(シミラーウェブ)」を使った競合サイトの分析方法や、話題のサイトなどのマーケティング分析結果、デジタルマーケティングについての役立つ情報を発信しています!

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions