ポケモンGO、成功の鍵は非コアゲーマー層の獲得?USAと日本のユーザー層から見えた共通点とは。

*以下のデータは実データではなく、2016年8月2日時点におけるSimilarWeb PROのアルゴリズムによって集計した7月中の類推データになります。そのため実際のアプリストアランキングやDAUなどの数値は実データと異なる可能性がございます。またアプリ分析によるデータはすべてandroidのみのデータであり、iosのデータは含まれておりません。ご了承下さいませ。

世界中で社会現象を引き起こしているポケモンGO。

3日でTwitterのデイリー・アクティブ・ユーザー(DAU)を超えたり、パズドラは達成に1年かかった1千万DLを達成するなどアプリ市場に波乱を起こしています。

アメリカでは配信開始から約1ヶ月が経ち、日本でも10日が経ったいま、ポケモンGOユーザーの動向はどのようになっているのでしょうか。

今回はアメリカと日本を対象に、大手SNS(Twitter、Facebook、Snapchat)や各国の人気ゲームアプリとポケモンGOを競合サイト・アプリ解析ツールSimilarWeb PROを用いて比較してみました!

世界中のゲームアプリカテゴリーランキング1位を独占!

大手SNSアプリを対象に、ポケモンGOのアプリランキング急上昇ぶりを視覚化

「Twitter」「Facebook」「Instagram」に加えてアメリカでTwitterを超えるシェアを獲得し日本でも人気が浸透しつつある「Snapchat」の4つの大手SNSアプリとポケモンGOを比較したところ、アプリランキングを急激に上げていたことがわかりました。

(日本におけるSnapchatの流行を検証した記事はこちら

ポケモンGOアプリストアランキング

常時アプリランキング上位を占めている大手SNSをたった数日で追い抜き、一気に1位に駆け上がったことには驚きです。

日本におけるランキング動向に関しては直角に近い勢いで上昇しています。

ゲームアプリカテゴリーにおいて世界中で1位を独占

執筆中の2016年8月2日現在では、全カテゴリーにおけるポケモンGOのランキングは徐々に下がりつつありますが、ゲームアプリカテゴリーにおけるランキングでは依然として1位をキープしています。

アメリカ

2016年8月2日時点でゲームカテゴリーにおけるランキングでは、ゲームアプリカテゴリーの無料・売上ランキング共に1位を獲得しています。

ポケモンGOランキング アメリカ

日本

日本でも同様に、ゲームアプリカテゴリーの無料・売上ランキングで1位を獲得。

ポケモンGOランキング日本

他国でも・・・

この現象はアメリカ、日本だけではなく、ポケモンGOが配信された各国で同じ現象が起きていました。

ポケモンGO世界中のランキング1位

2016年8月2日時点で世界31カ国のアプリストアランキング1位を独占。世界中で社会現象が起きていることがわかります。

ピークは過ぎても、依然として高い数値を保つ

ここからはポケモンGOと人気SNSを「デイリー・アクティブ・ユーザー(DAU)」「1日の使用時間」の指標をもとにアメリカと日本におけるユーザー動向を比較していきます。

DAU:アメリカではTwitterを上回り続ける数値を記録

アメリカ

アメリカでは配信3日でTwitterのDAUを抜き、一時はSnapchatと同率の数値を記録しました。

ポケモンGOデイリーアクティブユーザー比率 アメリカ

しかし、その勢いは失速しつつあり、現在はTwitterよりもわずかにポケモンGOの方が高い数値という状況になっています。

日本

配信と共にInstagram、TwitterのDAUを一時的に抜きましたがやはりこちらも失速しつつあります。

ポケモンGOデイリーアクティブユーザー比率 日本

現在ではTwitterがポケモンGOのDAUを上回り、Instagramとは同程度のDAUになっています。

1日の使用時間:両国共に使用時間は約40分

アメリカ

平均使用時間が約40分と、Facebookに次ぐ使用時間を記録しています。

ポケモンGO使用時間 アメリカ

配信当初は平均使用時間が50分近くになることもありましたが、その後は減少傾向。配信から2週間後の7月20日頃には使用時間の軸が安定してきています。

日本

日本においても約40分の長い使用時間を記録しています。

ポケモンGO使用時間 日本

今後日本もアメリカと同様に、一定の使用時間に収束していくのではないでしょうか。

SNSで拡散、そこからアプリストアへ

ポケモンGOのダウンロードまでの経路を調査したところ、日本とアメリカで異なる特徴が見えてきました。

日本での流入元の多くは、ポケモンGO本公式サイト

日本ではWeb上のサイトからアプリストアへ流入している経路が多く目立ちました。

日本のポケモンGO流入経路

そのサイトの多くはポケモンGO公式サイトからの流入でしたが、「.jp」の日本公式サイトではなく、「nianticlabs.com」の本公式サイトからアプリストアへの流入が多かったです。

日本のポケモンGOリファラル

おそらく配信当初はデマ情報の拡散やアプリストア内で偽アプリの流出などがあったため、ユーザーは確実にポケモンGOをダウンロードするべく多くのユーザーが本公式アプリに流入したのではないでしょうか。

SNSからの流入が目立ったアメリカ

アメリカでも日本と同じくリファラルや検索からの流入が目立ちましたが、日本と大きく異なるのがSNSからの流入が多かったことです。

ポケモンGO アメリカでの流入経路

中でも主に流入元となったSNSは「Reddit」でした。

ポケモンGO アメリカではSNS

日本ではあまり耳にしないアプリですが、アメリカでは人気のソーシャルブックマークサイトのアプリ版です。

アメリカにおいてポケモンGOをダウンロードしたうちの1/4のユーザーはWeb上で検索するよりも、RedditなどのSNSに掲載されているアプリダウンロード先URLを踏み、そこからアプリストアへ流入した傾向があったと考えられます。

ポケモンGOはゲーム好きではないユーザー獲得に成功?

最後にSimilarWeb PROのAudience Interests(対象アプリをダウンロードしたユーザーが、他にどのようなアプリをインストールしているか表示する機能)を用いて、ポケモンGOユーザーの特徴を洗い出します。

同カテゴリーのゲームアプリを比較対象に設定

アメリカ

SimilarWeb PRO調査から、Google App Store ゲームカテゴリーにおけるTOP3(1位はポケモンGO)の2位:diep.ioと3位:Farm Heroesを対象に調査。

日本

同じアドベンチャー系ゲームアプリである「パズル&ドラゴン(パズドラ)」と、幅広い層に人気の「LINE:ディズニー ツムツム」のAudience Interestsと比較して調査していきます。

アメリカ、日本ともに、ゲームアプリに関心のない層にもポケモンGOは好まれていることが判明

調査した結果、ポケモンGOユーザーは他のゲームアプリとは異なる特徴が見えてきました。

以下の画像内の赤枠はカテゴリーが「Games」に振り分けられているアプリです。

アメリカ

ポケモンGO diep.io Farm Heroesユーザーの興味

日本

ポケモンGO、パズドラ、ツムツム各ユーザーの興味

アメリカ、日本ともに、これまでの各ゲームアプリユーザーの特徴は、そのゲームアプリと共に他のゲームアプリにも興味を示している点です。普段から多くのゲームアプリに触れている人たちによるインストールが多いことが分かります。

一方、ポケモンGOユーザーは他のゲームアプリユーザーの特徴とは異なり、他のゲームアプリが上位に出てきません。つまり普段からゲームアプリに親しんでいるユーザーではなく、ごく一般的なユーザーまでもがポケモンGOをインストールしていることが分かります。

ディズニーツムツムもポケモンGO同様な傾向が見られました。上位に見られる4つのゲームアプリのうち3つはLINE系列のアプリ。LINE系列のアプリはインストールするものの他のソーシャルゲームのインストールは目立っておりません。ゲームに対してライトな層でもインストールをしていることが考えられます。

以上を踏まえると、ポケモンGOユーザーはこれまでゲームアプリを好んでいたユーザーだけでなく、ゲームアプリにはあまり関心のないユーザー層を獲得できているかもしれないことがAudience Interestsの結果から見えてきました。

まとめ

アプリ配信と共に世間の話題を席巻したポケモンGO。今回調査した中で、アメリカにて起きたRedditからアプリストアへの流入が多かったことはこれまでにない珍しい経路ではないでしょうか。

広告などによってSNSからアプリストアへ直接流入することはありますが、広告が発生していない通常のSNS投稿からアプリストアへ大量流入し、ダウンロードする事例はあまりないかと思います。

「ポケモン」という世界的人気ブランドによる自然と起きた現象かもしれませんが、この仕組みを応用し、コアなファンの投稿拡散によって広告を用いずに他のユーザーに対してアプリダウンロードをアプローチする、といったSNS戦略が可能かもしれません。

The following two tabs change content below.
Yo Harasawa | Gaprise.Inc Communication Design Div

Yo Harasawa | Gaprise.Inc Communication Design Div

大学2年次の2015年7月より、株式会社ギャプライズに長期インターン生として入社。 大手企業6社のSNS広告運用 / 分析 /企画およびマーケティング施策の提案 / コンテンツ作成に従事。 Facebookビジネスマネージャーを用いたSNSディレクション、SRM(Social Relationship Management | Social Marketing | Oracle)によるリスニング解析、Marketing Automationツール"Eloqua"を使ったインサイドセールス、SimilarWeb PROによるWeb解析を得意とし、ノウハウとツールを掛け合わせたWebマーケティングソリューションを行っている。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions