ビジネスの基本!『3C』をSimilarWeb PROで分析する方法

今回はビジネスの基本ともいえる3C分析をSimilarWeb PROを活用して行います。オリジナルのフレームワークとは違いWEBマーケティングに特化し、かつSimilarWeb PROを活用した方法をご紹介致しますので、その点にご注意ください。

また、文中で取り上げられるデータは統計処理などをおこなったSimilarWeb PROの類推データを含みます。

3Cとは

企業を取り巻く環境を把握し、戦略を立案する為に広く活用されているフレームワークです。3Cとはそれぞれ、顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)を指し、ビジネスの基本とも言えます。

この3C分析のオリジナルを立案されたのは経営コンサルタントしても有名な大前研一氏でその英文著書「The Mind of the strategist: The art of Japanese business」によって1982年に世界でも知られるようになりました。

昨今、国内ではスタートアップ企業や外資企業の市場参入や、CtoCビジネスの台頭など市場が目まぐるしく変化しており、このフレームワークだけで戦う事は難しくなってきていますが今なお基本の型として多くのビジネスパーソンに活用されています。

3C分析の重要性

有名なフレームワークの多くは様々な情報を整理し、進むべき道のりを明確にする為に用いられます。有名なファイブフォース分析や、バリューチェーン分析も同様です。

3C分析も考え方としては同じく整理と進め方を明確にするのですが重要なポイントとして自社の立ち位置を把握して市場(消費者)が何を求めているのか?競合に勝つ為にどういった戦略が必要なのか?の部分が明確になります。

WEBの世界では常に新しいサービスが生み出され、参入障壁の低さから様々な企業が類似サービスをリリースします。そういった変化が早いレッドオーシャンでこそ、この明確化を目的としたフレームワークは重要になってきます。

逆に言えばこの分析をせずに戦略を作る事は自社データだけを過信し、見えない敵と戦い続けるようなものなので非常にリスクが高いと言えます。

 

『3C』内での方向性

この3つの要素はそれぞれに影響を与えています。顧客が誰なのかが決まれば競合も決まります。また、顧客が変われば競合も変わり、競合が変われば自社の差別化ポイントも変わる為、一度分析をして方向性が決まったから問題ないというわけにはいきません。定期的に分析を行い常に事業やWEBサイトをどこに進めるのか常に把握している必要があります。

市場・顧客分析

今回はサンプルデータとして生命保険業界を使用します。

まず市場と顧客のニーズを分析する方法です。SimilarWeb PROで主に使用するのは業界分析機能、キーワード分析機能、利用者の興味の計3つです。様々なデータが見れるSimilarWeb PROではそれ以外の機能でも様々な市場調査が可能ですが今回は代表的な3つに絞ります。

業界分析

まず、新しく追加されたカスタムカテゴリー機能で作りたい業界を自分で作成します。そして業界内でのトラフィックソース別ランキングと、業界内での流入キーワードを確認します。

トラフィックソース別のランキングを確認すると各社様々な集客チャネルを持っていることが分かります。例えば下の図では生命保険業界ではライフネット生命が非常にSNS施策を上手く行っていることが分かり、ライフネット生命のSNS施策を参考にする事はその他企業にとってはメリットがあります。

次に業界内での流入キーワードを見てみます。アクセス数が多い順で見るのではなく業界内で急激にアクセス数を増やしているキーワードを把握する事も可能で、気づきにくい消費者のニーズをこういった変化率で簡単に把握できます。消費者は何かが欲しくなったり、気になった場合にその多くはWEB上で検索し調べるので、WEBで収益を上げていない企業にとっても重要な消費者のニーズを把握する事ができます。

また、昨年対比で業界全体を俯瞰で見ることで今業界全体でどういった動きがあるのか?を簡単に把握できます。集客施策で見てみると以下のようになり、メールでの集客も特徴的ですがこれは特定の企業が極端にメールからの集客を行っていたので異常値です。業界として確認すべきはPPC広告とディスプレイ広告での流入が昨対比で約3倍まで増えている点です。これは業界全体でシェア争いが激化していることを表していると考えられます。

キーワード分析機能

「生命保険」と検索したユーザーがどのサイトに流入しているのかのシェアを直近1年間でグラフにすると上位5ドメインでは他の業界と同じく価格コム保険のソクラテスがそのトラフィックの多くを占めています。ただ、1年前と違い口コミサイトよりも比較サイトへのトラフィックが激増していることが分かります。あくまでも仮説ですが、多様化する保険商材の違いを知る為に比較サイトへニーズが変わってきている可能性があります

このように業界全体を分析する事でそもそも今自分たちの立ち位置は?次にどこを攻めるべきか?乗り遅れているものがないのか?新製品の開発はしなくていいのか?等が把握できます。売上や従業員数だけでは分からないWEB上での自社の立ち位置を正確に把握する事は事業戦略を練る上でも非常に重要です。

自社分析

次に自社の分析をSimilarWeb PROを使って行います。サンプルデータとしては弊社で運営している「Similar-Web.jp」です。

通常自社サイトの分析はGoogle Analyticsに代表されるようなアクセス解析ツールで行うのが一般的です。最近ではUXを体験できるツール「ClickTale」等の高度な分析ができるツールも増えているので皆さん日々様々な分析をされていると思います。

今回は他のツールでもできる事は省き、SimilarWeb PROでしか出せないデータを使い自社の分析を行います。

利用者の興味

単一のサイトではなく、ユーザーのWEBでの行動履歴を取得しているSimilarWebだからこその機能ですが同一セッション内で他に見ているドメインを分析する事で新しいアプローチ先や、自社サイトのユーザー属性を大枠で把握する事が可能です。

以下はSimilar-Web.jpに訪問するユーザーが同一セッションで見ていたドメイン群のメタキーワードです。どうやらSimilarWeb PROを求めているユーザーの多くはSEO担当者が多そうです。

実際にはSimilarWeb PROは世界中のビックデータに一瞬でアクセスでき、ビジネスを進める上で様々な領域で活用できます。新規事業開発や、広告運用、経営層の意思決定等々。但し現状ではSEO担当者様に多くリーチしている可能性が高いので、自社ブログではもう少し新たに獲得したい層が見たくなるコンテンツを容易する必要がありそうです。

流入キーワード

Google経由での自社サイトへの流入キーワードが見れなくなって久しいですが、SimilarWebはそのあたりもしっかり取得可能なので自社サイト分析時に活用できます。これは技術的な話になるので詳細は以前の記事をご確認ください

流入してきているサービス名での指名キーワードの比率は非常に高く、大手企業が大々的にPRを行っている製品と同じ程度の割合と言えます。あくまで割合ですが。元々SimilarWebは無料版は昔から有名な事もあり、年々検索ボリュームも増えている為このような割合になります。

但し、指名キーワード以外で目立っているのは狙っている、競合分析や市場調査といったキーワード以外に「nanapi」「Amazon」等も上位に入ってき、少し自社blogとしての方向性を見失っているように見受けられます。市場の分析を行った上で、よりアプローチしたいユーザー向けに、より良質なコンテンツを配信していく計画を再度練り直します。

キーワード分析

市場でどのように自社が見られているのか?を把握する上で検索エンジンの分析は必須です。以下はそれぞれ「競合分析」と「市場調査」と検索したユーザーがどのドメインにアクセスしているのかを出したグラフです。

先にも述べたようにSimilarWebは企業が事業を行う上で必要な様々情報を提供するサービスです。競合分析だけに特化しているわけではなく、市場調査にも広く活用されています。但し検索エンジン上で「競合分析」と検索した場合には検索エンジン上では1位に表示されていますが、「市場調査」では各リサーチ会社のドメインが上位表示されています。

改めて自社サイトをSimilarWebで見てみると反省点もたくさん見つかりましたが、Google Analyticsのデータを見てるから自社のデータは問題なく把握できていると認識されている担当者様はまだまだ多いと感じます。このようにすでにお持ちのデータを補完するように使用すれば、より精度の高い施策を短期間で行うことも出来ます。

競合分析

この部分は元々SimilarWebブログを始めた時から執筆を続けていますので、改めて書くよりは以下の記事が参考になると思います。

ライバルを出し抜くサイト競合分析5つの手法

~具体的に競合分析を行う上での方法やポイントをまとめています~

DHCとオルビスどちらのコンバージョン率が高い? SimilarWebで『CVファネル分析』

~新しい切り口で競合分析の手法を紹介しています~

まとめ

如何でしたでしょうか。

後半「自社サイトのマーケティングをもう少し頑張らないといけないな」と感じながら書いていましたが。。。

WEBの領域で戦っていく中で自社のデータだけで数百、数千もの競合と戦っていくのは現実的ではありません。市場を知り、競合を知り、自社を知りそれらを俯瞰で見た際にまだまだ行える施策があるはずです。

重複になりますが、SimilarWeb PROはビジネスの基本である3C【顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)】を共通の指標で把握、分析できる唯一のプラットフォームです。

無料版もありますのでこの機会に自社でも3C分析を行って自社サービスの方向性を明確にしてみてください!

The following two tabs change content below.

奥原雅也

Sales Manager株式会社ギャプライズ
セールスマネージャーとして国内の各業界にて最大手のクライアントを多数経験(人材、不動産ポータル、保険、総合代理店など)。 SimilarWebPRO提供開始からわずか半年間で100社以上に導入し業界No.1まで押し上げる。SimilarWebPROの販売実績としては世界No.1セールスの記録を保持。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions