確定申告はネットで!アメリカで人気な電子申告サービス分析

アメリカは確定申告の時期ですね。

91%以上のアメリカ人が紙での申告ではなく電子申告をしています。そこで我々は、SimilarWebを使いアメリカで人気な電子申告サービスのトレンドについて調べてみました。

下のグラフは2017年2月における、人気な電子申告サービスのランキングです。

電子申告サービスの市場では、いくつかのサービスに人気が集中しています。

Intuit’s TurbotaxCreditKarmaH&R Blockは特に人気であり、確定申告サービス上位10個の合計トラフィックのうち86%を占め、全ての電子申告サービスの合計トラフィックのうち85%を占めています

* Others: jacksonhewitt.com, olt.com, libertytax.com, 1040.com, freefilefillableforms.com, esmattax.com,ezTaxReturn.com, fileyourtaxes.com, freetax.free1040taxreturn.com, 1040now.net, taxback.com

電子申告サービスへの年間トラフィック比較

昨年の電子申告サービスへのトラフィックと比較すると、2015年の第4四半期と比べて2016年の第4四半期では26%増加しています。

一方で、昨年は2月1日に1,030万件のトラフィックを得ており顕著なピークが表れていますが(確定申告の締切である4月18日の1,000万件よりも多い)、この1日に見られた顕著な傾向は今年には現れていません。

このように、1日付近では昨年と比べトラフィックは少ないですが、一方で2月の後半にはトラフィックが増加しています。

これらのことからも分かるように、今年はひと月を通してトラフィックは分散するので電子申告サービスへのトラフィックはあまり上下しないようです。

また、この2月後半の増加と確定申告の第4四半期で起こったトラフィック増加によって、1年間の合計トラフィックは昨年の合計と同じくらいになるでしょう。

トラフィックソース

電子申告サービスへの直接流入は去年と比べて著しく減っていますが、メール、検索、ディスプレイ広告からの流入は増加しています。

これは恐らく、以前サービスを利用したりサイトを訪れた人を狙ってリターゲティング広告に注力していたからでしょう。

検索におけるユーザーの行動

検索からのトラフィックについて詳しく調べたところ、最も人気な検索ワードは自社名や自社サービス名などのブランドキーワードと、ブランドと関係あるキーワード(ブランド名のスペル間違いなど)でした。

人気な検索キーワード100個からの合計トラフィックのうち、94%はブランドキーワードであり、わずか6%のみがブランドとは関係のないキーワードでした。

このことから、ブランドへの認知度は直接流入のユーザーとそうでないユーザーとで違いはなく、単にブランドを検索して来ているだけであるということが伺えます。

そうは言っても、ブランドキーワード以外のPPCにおけるトラフィックを見ると、2017年2月での上位キーワードからのトラフィックは、2016年と比べて増えています。

ペイドサーチへの改善施策も抜け目なく行っていることがわかりますね。

リファラル

最後に、リファラルは去年と比べて減っているものの、興味深いことに政府機関が電子申告サービスへのリファラルにおいて重要な役割を果たしています。

例えば IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)のサイトからのトラフィックは、2016年2月ではリファラル全体のうち1.01%でしたが、今年には2.78%(175%増)まで増加しました。

militaryonesource.milin.govny.govと言ったその他の政府期間のサイトも、2017年2月にはリファラル全体のうち合計0.44%を占めており、リファラル上位10サイトにランクインしています。

著者:ライロン・ハーキム・ボブローフ

ライロン氏はSimilarWebのマーケティングインサイトマネージャーです。休暇には写真を撮ったり、毎週開催されているDIY教室に行ったりしています。

*この記事はSimilarWebのデータを使用しています。文中で取り上げられるデータは統計処理などをおこなった類推データを含みます。また、アプリ分析によるデータはすべてandroidのみのデータであり、iosのデータは含まれておりません。

以上はSimilarWeb公式ブログ”US Income Tax E-Filing Services Review 2017“の翻訳記事です。また、画像はすべて原文より引用したものです。

The following two tabs change content below.
宇田 萌人

宇田 萌人

2016年6月より株式会社ギャプライズに長期インターン生として入社。専攻は文芸翻訳。ライター業務に興味を持ち勉強中。

▼参加無料▼11月10日(金)TED登壇マーケターなど豪華講演多数!6000社のデジタルマーケティング戦略が集結 SimilarWeb 「DVJ2017」申し込み受付中!

デジタルビジョンジャパン2017