【競合調査/コンテンツ作成】SimilarWebだからできる、 一歩先をいくSEO対策。Part2

検索上位に入るためのSEO対策は、大きく3ステップあります。

SEO対策3ステップ

キーワード選定、競合調査、そしてコンテンツ作成。

前回はマルチデバイスマーケットインテリジェンスを提供できるSimilarWebを使い、一歩先をいくキーワード選定についてご紹介しました。

【キーワード選定】SimilarWebだからできる、 一歩先をいくSEO対策。Part 1

【キーワード選定】SimilarWebだからできる、 一歩先をいくSEO対策。

本稿では次のステップ、競合調査とコンテンツ作成について解説していきます。

競合調査

前回に引き続き、本稿では基本的なSEO対策のノウハウを、ブログマーケッタージュンイチ氏のブログ、またWebマーケティングコンサルティング企業ユナイテッドリバーズ岡崎氏著書「SEO辞典」より引用させて頂きました。

ジュンイチのブログ

SEO辞典

検索ユーザーの意図を理解する

第一段階でキーワードの選定が完了しました。

選定したキーワードで検索上位のコンテンツを作っていく前に、そのキーワードで競合がどのようなコンテンツを提供しているのかを調査します。

ジュンイチ氏が言うに、検索はキーワードを使った質問だと説いています。

検索ユーザーの質問に適切に答え、満足させることができるコンテンツこそ、検索上位に入ることができる。

検索上位に入るコンテンツを量産するために必要な「真実の競合調査」4つの手順

つまりは、ユーザーインサイトを捉えたコンテンツ作成を行わなければ、キーワード選定が上手くいったとしてもアクセスは伸びにくいのです。

競合分析の手順

SEO辞典著者の岡崎氏は、下記の手順で競合分析を行っています。

  1. いくつかの主要ターゲットキーワードで上位サイトをチェック
  2. SimilarWebで検索流入数をチェック
  3. インデックス数を調査する
  4. 主要ページのtitleやh1、テキストボリュームを調べる
  5. リンクをチェックする

SEO対策における競合調査の1ステップは「キーワードに対する上位サイトの調査」となります。(本稿では2~5の説明を割愛するため、詳細を知りたい方はこちらを参照ください。)

ここからユーザーインサイトを調査し、自社のコンテンツ作成に応用します。

一歩先をいく競合調査

本稿で紹介するSEO対策における競合調査は、競合のデータから下記の3点に焦点を当て、調査を進めていきます。

  • インサイトを読み解く
  • 時期を絞って読み解く
  • ユーザーに重宝されているページを読み解く

これら3つのポイントを、実際のデータと共に解説。

目検による競合調査から、定量データを元にした競合調査を可能とします。

インサイトを読み解く

「旅行」で検索する人のインサイトは何か?

前回の記事では「旅行」が含まれるキーワードでトラフィックの多いサイト群を作成しました。

その中から競合となる旅行ツアー紹介サイトを1つ例にとり、そのサイトへの流入検索キーワードをテキストマイニングツールにかけて分析します。

テキストマイニングを使ったキーワード分析

名詞では「沖縄」「北海道」、動詞では「行く」「持つ」、形容詞では「安い」「高い」といったキーワードが頻出しています。

この抽出したキーワードをさらに深堀することで、インサイトの取得を図ります。

特定のキーワードに着目し、SimilarWebでそのキーワードが含まれた検索キーワードを調査して行き、ユーザーインサイトを追いかけます。

「行く」が含まれる検索キーワード

例えば、動詞でもっとも頻出が多かった「行く」というキーワードのみが含まれた流入検索キーワードを見てみます。

旅行ツアー紹介サイトの検索キーワード

「行くべき」や「安く行く」など、ユーザーインサイトに紐づくロングテールの検索キーワードが見受けられます。

例えば、上記のロングテールで目立つのが「月+行く+旅行」といった組み合わせ。

機会の少ない、また突然とれた休暇等で行き先を外したくない、といったインサイトが汲み取れます。

これに対する受け皿としてタイトルに「7月に行くべき格安旅行集!」といったフレーズを入れたり、その時期に行くべき理由等が記載されていれば、ユーザーの質問に対する回答となります。

時期を絞って読み解く

業界によって異なりますが、今回例に取り上げた旅行業界のキーワードのトレンドにはシーズナリティがあります。

そのため、時期別で分析を行っていくことで、シーズンごとのインサイトを解析できます。

旅行ツアー紹介サイトの訪問者/ページビュー数/滞在時間

さきほどの旅行ツアーサイトの過去1年間の訪問者数/ページビュー数/滞在時間を時系列で見ていくと、時期によってトレンドが異なります。

そのため、トレンドが下がっている時はどのようなキーワードが下がっているのか?ないし上がっている時はどのようなキーワードなのか?これらを深堀する必要があります。

シーズンごとの増減がわかったら、さきほどのインサイトを読み解く手法を用いて時期ごとにユーザーインサイトを調査していきます。

ユーザーに重宝されているページを読み解く

最後に、競合のページを時系列で分析していき、どのページがよく見られているのかを分析していきます。

SimilarWebの人気があるページ

SimilarWebではどのページがよく見られているのか、ドメイン単位でデータ抽出できます。

このデータをBIツールtableauを用いて、どのページのアクセス数が増えているのかをビジュアル化して見ていきます。

旅行ツアー紹介サイトの人気ページ分析

直近で増えているのは北海道 / 沖縄 / 東京のツアープランを記載したページ。

ここからさらにデータを深堀ります。

北海道のツアープランページにおいて、どのページへのアクセスが増えているのかを見ていきます。

旅行ツアー紹介サイトの人気ページ詳細

調査してみると、多数のホテルや観光地からユーザーの好みに合わせてツアープランを立てるサービスページが流入を増やしていました。

このページを実際に閲覧し、どのようなコンテンツ構成になっているのか、どういったタイトルを用いているか等を調査し、自社コンテンツ作成のヒントへつなげます。

まとめ

ここまでの分析手法をまとめます。

SimilarWebを使った競合調査まとめ

決まったフロー等はないため、気になるデータから採取し、キーワード/時期/ページの3つを関連させて分析していきます。

始めの調査は作業工数がかかります。

ただ、これを先行投資と捉え、競合サイトから自社のターゲットユーザーインサイトを取得することは最終的に、自社の利益増加へとつながります。

コンテンツ作成

細かい配慮で最適なコンテンツを作成する

コンテンツ作成においてはタイトルのつけ方、アイキャッチをつける等のテクニックが必要となってきます。

「SEOに強くなる文章の書き方。これだけで1日1000人に読まれる11の法則」

上記の記事ではSEO対策を伴った文章の書き方がまとめられています。

また、SEO辞典ではSNSを活用した広め方、バズマーケティングを行うための必要事項が記載されています。

興味のある方はジュンイチ氏の記事、岡崎氏の著書より、SEO対策に応じたコンテンツ作成手法を参考にしてみてください。

コンテンツを評価する

Google Analyticsを導入していれば、そのページがどれくらい見られ、離脱率は何%なのか、といった各ページの定量データを取得できます。

これに加え、ヒートマップツールのClicktaleを使えば、そのコンテンツのどこがよく見られ、どのように遷移しているのかを動画で確認することができます。

Clicktale

この調査を行うことでキーワードによるインサイトだけでなく、Googleが評価しにくい画像の評価や、他ページにいくタイミング、CVの最適化等が可能となります。

一歩先をいくSEO対策まとめ

前回のPart1と、本稿をまとめますと、SimilarWebを使ったSEO対策は下記のメリットがあります。

  • 確度の高いキーワードを短時間で獲得できることで、データの質と時短を両立
  • 常に市場のキーワード状況を追えるため、市場の変化に対応できる
  • キーワード/時期/ページからユーザーインサイトを的確に捉える事ができる
  • 上記それらすべてを根拠とすることで、感覚値に頼らない、定量データとしての根拠づけができる

実際にコンテンツを作る際はジュンイチ氏のブログやSEO辞典等を使い、タイトルや構成に気をつけて作成する必要があります。

また、SimilarWebでは競合の広告手法を解析できます。コンテンツ作成後、どのようにアプローチすべきかを市場/競合の解析データから応用できます。

【広告解析手法】競合EC分析手法 | 競合の集客手法 / インサイト / コンテンツ / CV動向を知り、自社のデジタルマーケティング戦略に活かす術 Part 1

【広告解析手法】競合EC分析手法 | 競合の集客手法 / インサイト / コンテンツ / CV動向を知り、自社のデジタルマーケティング戦略に活かす術 Part 1

キーワード選定→競合調査→コンテンツ作成。

これらのことに注意してSEO対策を一歩前に進めましょう。
similarweb market intelligence try

The following two tabs change content below.
Yo Harasawa | Gaprise.Inc Technology Solution Div

Yo Harasawa | Gaprise.Inc Technology Solution Div

SNS広告を用いたディレクション、Marketing Automationツール"Eloqua"を使ったインサイドセールス、SimilarWebによるWeb解析に従事。 みなさまのデジタルマーケティング課題解決に寄与できるコンテンツを配信していきます。 記事内容に関しますご質問は、お気軽に弊社までご連絡ください。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions