上位は常に通販サイト?アメリカでググられているキーワードを調べてみた。

ググる。

大衆化されつつあるこの言葉。10年ぶりの広辞苑改訂では惜しくも見送られてしましました。

日々、世界中の人々がGoogleやYAHOO等を使って気になるキーワードを検索しています。

そこに共通項はあるのか?どんなキーワードで検索しているのか?

今回はマーケットインテリジェンスツールのSimilarWebを使い、アメリカで検索回数が多いキーワードからどのような特徴が見受けられるのか調査してみました。

アメリカのオーガニック検索キーワードTOP20

データ条件

SimilarWebの「ウェブのカテゴリー分析」機能を使い、下記の条件に設定します。

  • 期間:2018年1~6月
  • 調査対象国:アメリカ
  • デバイス:デスクトップ

今回はアメリカにおける、今年の 1~6月における半年間のデータを見ていきます。

この条件に従った上で、キーワードをオーガニック検索有料検索にわけてみていきます。

オーガニック検索TOP20

まずはオーガニック検索のTOP20キーワードです。

上位をみると「youtube」「facebook」といった日本でも有名なサービス名が並び、下位に行くにつれて日本在住の方だと中々聞きなれないキーワードが時折見受けられます。

  • craigslist
  • zillow
  • homedepot
  • usps tracking

これら4つがどのようなモノ・サービスなのでしょうか。

craigslist

craigslist

画像引用元:https://tokyo.craigslist.jp/

Craigslist(クレイグズリスト)は、サンフランシスコのCraigslist Inc.により運営されるクラシファイドコミュニティサイトです。クラシファイドとは求人や広告を掲載できるサービスです。

Zillow

Zillow

画像引用元:https://www.zillow.com/

オンライン不動産データベースを運営するアメリカの企業。

The Home Depot

The Home Depot

画像引用元:https://www.homedepot.com/

1978年創設の世界最大規模のホームセンター。北アメリカに2200店舗を構える。

USPS Tracking

USPS Tracking

画像引用元:https://tools.usps.com/go/TrackConfirmAction_input

USPS」はアメリカの郵便局(The United State Postal Service)のこと。荷物の追跡番号をサイトで入力すると、その荷物の追跡を行うことができます。

Zillowの類似サービスは日本でできない?

日本だとあまり聞きなれない4つのサービスのみ取り上げて説明しました。

名前は知らなくとも、そのサービス内容は日本でも類似しているものがあります。

例えば、Craigslistは日本だとジモティー、The home Depotのようなホームセンターは日本にも数多くありますし、USPSはヤマト運輸のLINEサービスなど類似したものがあります。

ただ、Zillowだけは少し日本と異なります。

日本にも不動産情報をWeb上に取り上げているWebサービスはありますが、実際の売買はWeb上で完結する事ができません。

これには理由があります。

日本では宅地建物取引業法で定めた法規制上、売買契約を結び前に買主に対面で説明する事が義務付けられているためです。

なので、Zillowは日本のオンライン不動産サービスと似て非なるサービスとなります。

このように、他国の検索キーワードを調べるだけで、各国のルールにとって変わる独特な特徴がみえました。

では次に、有料検索だとどのような特徴があるのか見ていきます。

アメリカの有料検索キーワードTOP20

上位に並んだのは、通販サイト

ここからは有料検索において流入割合の多いキーワードを見ていきます。

筆者が注目したのは上位4つのキーワード。

  • amazon
  • walmart
  • home depot
  • amazon prime

これらは全て通販サイトです。

AmazonとWalmartの関係はAmazonが高級スーパーの「ホールフード・マーケット」を買収したこともあり、互いにライバル視していると考えられ、データのように有料の指名検索でもそのトラフィックシェアは共にアメリカ市場内で1位と2位を占めています。

また、両者だけでなく、小売業界では今後Web上におけるユーザー獲得争いもさらに熾烈になると予想されます。

実際、小売ECサイトにおけるアメリカの市場を見てみると、そのシェアはAmazonを除いて熾烈なシェア争いが起こっています。

引用元:【市場調査 in USA】2017年小売EC業界完全レポート

有料検索TOP20の5位には先ほど紹介した不動産サービスのZillow。

そしてその次にも通販サイトのEstyが入ります。

Etsyとは?

Etsy

画像引用元:https://www.etsy.com/jp/

Etsyとは、ユニークでクリエイティブな商品が集まるグローバルなオンライン通販サイト。ハンドメイドの作品や、ビンテージの掘り出し物を販売している。

通販サイトのキーワードは他の有料検索キーワードと比較して流入割合が高いです。

この傾向はアメリカだけなのでしょうか?

日本のデータと比較してみましょう。

3位の「楽天トラベル」以外はアメリカ同様に通販サイトのキーワードが並びますので、有料検索において通販サイトのキーワードが上位に入る事に類似点が見受けられます。

また、「amazon」の他のキーワードと比べて流入割合が多いことも両国における類似点です。

各国において、amazonが有料検索によるユーザー獲得を徹底していることがわかります。

まとめ

今回の調査で特徴的だったのは通販サイトのキーワード頻出した事。

オーガニック検索でも多く、かつ有料検索でも流入を多く確保しています。

これらの現象は季節によるキーワード変動があるのか?他の国ではどのような特徴があるのか?カテゴリーを絞ったら違った特徴が見受けられるのか?

検索キーワードを解析することで、ユーザーのインサイトが見えてきます。

ユーザーが何を考えているのか。

今後も、SimilarWebを使ってそのインサイトを紐解いていきます。

The following two tabs change content below.
ryo

ryo

イスラエルの最先端ツールを扱う株式会社ギャプライズにジョイン。新たに発足したMarket Intelligence RepresentativeのNo.2に就任。

▼競合サイトのアクセスや 直帰率、リファラー、広告の出稿状況などあらゆる指標で分析できる!競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」の詳細はここをクリック

競合サイト分析ツール「SimilarWebPRO」Competitve Intelligence Solutions